日記と言うか、主にものづくりメモとその周辺の話。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルームシェア計画
…を提案してみたものの、そう簡単にうまく行くわけにもいかず。

元々は3人で、とか思ってたんですね、私は。
世帯主として男性がいれば、しつこい勧誘も断りやすい。
新聞等だけじゃなくてね。
「主人に聞いてみないと…」とか言えば、問題なし。
女二人だとそうはいかないわけで(何
ある意味「精神的なボディーガード」と言うか。
まあ、いくら気心が知れているとは言っても。
ルームシェアで異性がいるのは、多分あまりいい事じゃないですね。
私は気にしないけど、相棒は多分遠慮しちゃうんだろうなぁ、とか。
(って言うか私の立場だと、相方がいる=「同棲」とも言うので)
相棒はああ言う子だけにね。特にね。
他のコなら嫌だけど、相棒なら…って面もあったりするんですが。
まあそれで負担にさせるぐらいなら、とも思う。

あとは、「逃げ場」、ですか。
例えば喧嘩したーとか。そんな時。
相棒も私も逃げ場がない状態になってしまうわけで。
そうすると…ね。気まずいまま共同生活とか、嫌だし。
だからどちらかが「部屋を出られる状態」になれば、
平気とは言わなくとも、そう言う危険性は減るでしょう。
相方の家をキープ、つまり今まで通りの生活をしていれば、
(主に私の)「逃げ場」が確保出来る。
相棒の彼氏や友人が遊びに来ても私は出て行けるし、逆も然り。

…と、ここまで述べて一番の問題。
これは私と相棒、お互いが抱えてる問題。

親 の 説 得

_| ̄|○

…あ、それと「先立つモノがない」というのもある。(´・ω・`)

…まあ、今年中に出来れば万歳(´・ω・`)b
正直、多分無理だけど…
でも、私よりも相棒のためには、出来るだけ早く。
あの「巣」は、彼女の心にとっては手狭すぎる、と言うか。
窮屈…と言うよりは精神的な手狭感を感じています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。